卒乳の仕方

卒乳の方法と意味とケア

卒乳をはじめに

卒乳、断乳、乳離れと類似した意味の単語はありますが、これらはびみょーにニュアンスが異なってきます。
基本的に「卒乳」「乳離れ」の意味は似ていて、赤ん坊の方から母乳を飲まなくなることです。
対して、断乳は親が母乳を与えるのを拒否することなので意図が異なります。

 

では卒乳と断乳、どちらが良いのでしょうか?
また、その時期はいつ頃がベストなのでしょうか?

 

ベストは断乳で5ヶ月いきなり答えになるんですが、一番良いのは5ヶ月断乳をすることが望ましいです。
一般的に赤ちゃんの卒乳は5ヶ月〜1年半と言われています。
平均は間をとって1才になったらなんとなく、なんて言う人も多いです。実際かなり長い人は2才ぐらいまで卒乳ができない人もいます。

ベストは断乳で5ヶ月

 

時期を誤ると子どもの身体に悪影響を及ぼす!

子どもが欲しがるからと言って可愛いからついついあげちゃうことは乳離れできない要因の一つです。現在では卒乳は赤ちゃん自身が望まなくなるまであげよう、とゆるやかな傾向になりつつもありますが、ほ乳瓶でミルクを与えている場合、1歳半を過ぎてしまうと虫歯になりやすいのですぐにやめましょう。

 

卒乳をはじめに

 

などがあげられます。大体卒乳の平均が1年の理由もこういうことが理由です。

 

幼児教育の重要性

母親として最大の仕事は”教育”です。
子どもが幼い時に正しい教育をきちんと施してあげることが大切です。
幼少期の子どもとの接し方、教育方法で子どもの持つ感受性、能力のほとんどが決定します。
卒乳の時期ぐらいから正しい教育方法の知識を親が身につけるのは非常に重要なことなのです。

 


 

 

 

断乳の時期と、ケア、体の変化について

断乳は5ヶ月、と記載しました。なんで? と思う方もいらっしゃると思います。
まず、子どもの目線で見るならば5ヶ月〜1才で卒乳をするのがベストなんです。

 

しかし5ヶ月以上母乳をあげると、母親の身体に大きな変化をもたらします。

 

問題その1 妊娠後に体重が太る
これは子を授かった時点である程度の覚悟はしていると思いますし、これは卒乳とあまり関係ありません。
まずはダイエットサプリやダイエット食品にジョギングを加えて体重を落としましょう。

 

問題その1 妊娠後に体重が太る
断乳を5ヶ月でする一番の理由がコレです。目安としては、4ヶ月〜5ヶ月。それ以上母乳を与え続けると妊娠前よりも大きくおっぱいがしぼみます。

 

子どもを産み、ようやく落ち着いて運動を始め体重を落とし妊娠前まで頑張って体重を合わせます。
すると気付くのが、妊娠前と同じ体重なのに胸のサイズが大きく異なり、体系が全くの別人になることです。

 

目安としては、妊娠前よりカップが1つ上がり、3つ下がります。

 

もちろん元に戻る人もいれば、戻らない人もいます。
矯正下着の重要性もここにあります。
矯正下着をきちんと着用するのと違うのでは、戻る確率も変化してきます。
矯正下着の着用に関係無く、大体目安としては1年〜1年半で元の体系に近づきます。
その時に矯正下着の着用の有無で身体のライン、戻り方が大きく変化してきます。

 

スーパーブー・セパレーツ
ブラパリ

 

出産時の年齢が若いのならばもう少し早く元の体系に戻るでしょう。

 

また、おっぱいが元に戻ったとは言え、卒乳の時期を誤るとふにゃふにゃしたり感触が妊娠前と異なり、これが垂れ乳の原因にもなります。
これも5ヶ月で卒乳をする理由の一つになるのです。

断乳の時期と、ケア、体の変化について


ママになったら、覚えることが多くて大変ですよ!
身体のケアにダイエット、子ども教育!

 

大変ですが、色々頑張っていきましょう!



すべての子供は天才です!
これは女子プロゴルファーのヨコミネサクラさんの伯父さんであり、幼児教育のカリスマであるヨコミネ先生の言葉です。

卒乳、乳離れは、お子様にとっては、すでに幼児教育に大きく影響する行事です。
卒乳の仕方や時期をお調べの方は、一度ヨコミネ先生のページをご覧ください